2012年02月22日

本村さん

光市の事件が終結しました。
事件から13年。長すぎです。

当時の少年も30歳。更生の見込みがなくなったという事で、報道各社は実名報道に。

今回の事件で思ったのは、少なくともこの当時の少年が起こした事件は凶悪犯罪で死刑は妥当としても、少なくても普通の人であるからには更生の可能性が0.1%程度はあるだろうということ。
一方で、知的障害などの先天的な障害を持った人の場合、その障害は治らないということ。

その前提で、知的障害者などが起こしてしまった「凶悪犯罪」が「無罪」として扱われて、社会復帰できてしまうことへの違和感。

障害者団体には叩かれるかもしれないけど、罪は罪として「病院」でいいから、ずっと閉じ込めてなくていいのか?と思う。
posted by がみお at 11:06| Comment(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。